新居が決まったら

ダンボール

やるべきことを管理する

これまで住んでいた家から新しい家へ引越しする際、様々な手続きを済ませる必要があります。それらを忘れてしまうと、余計な出費が発生したり、新居で快適な暮らしを始められなくなるため注意が必要です。引越しの日が近づくと生活も忙しくなるため、早めにチェックリストを用意して、忘れることがないように管理することをおすすめします。どのようなことをチェックリストで管理すべきかについては、ネットに掲載されているものを参考にするのが良いでしょう。特に業者のサイトでまとめられている事項は、経験や実績が反映されているのでとても参考になるはずです。プリントして家族で確認するのもいいですし、気になる点だけをメモに書き出しておくといったやり方も有効です。数が多いだけに何から取り組めばいいのか迷うかもしれません。そんなときには、緊急度の高さでチェックリストを分類しておくと、引っ越しまでにやるべきことの目星がつきます。例えば今住んでいる住居の契約を解除することは、時期などもあるため早めにする必要があります。お子さんがいるなら、学校や幼稚園に関わる手続きもなるべく急いでおいたほうが得策です。第三者が関わることは必要以上に時間がかかるため、早急にこなしておくようにしましょう。自宅に届けられるものもチェックリストに書き出しておくことも引越しの際には必要です。郵便物は新居へ届くよう、郵便局の窓口などへ知らせておきます。新聞や牛乳といった定期的に買っているものも、連絡して解約することが欠かせません。電話ももちろんですが、今はインターネットのプロバイダー契約もあるので、手続きを済ませておいてください。