転出から転入までの手続き

ダンボール

多忙を極める手続きの多さ

サラリーマンの転勤族であれば社内の人事異動により単身、家族帯同に拘わらず、引越しする際に様々な手続きの必要なことを良く知っています。そこで、一昔前、引っ越し慣れした人は引っ越すことが決まったら、早速、現在の住まいで行う手続きから引越し先で行う手続きまで、必要な項目のリストを時系列的に作り上げていたものです。こうして、作成したリストに従って順次、実際の作業を終えるごとにその項目をチェックし、引越し先に落ち着くまで続けていったものです。このようなリストのチェック行動をしないと手続きを終えたか、見失うほどに引越しに係る手続き項目が多いわけです。そのリスト項目も家族の人数が多いほど、また、居住地で家族が幅広く日常活動しているほど、増えてきます。更に、住まいが、自宅か、賃貸でもその内容が異なってきます。このように引越し業者の選定や家財道具の整理や梱包作業と並行して多くの手続き作業を行うことになるので、引越し時期の前後は忙しさが倍加します。従って、リスト項目のチェック作業は毎日、こまめに行わないと作業のし忘れも発生し、無駄な行動を強いられることも起こります。チェックした記録に残しておけば手続きのやり残しが減り、スムーズに作業の進むことも明らかです。こうして、一昔前までは手作りのリストで作業確認をしていました。但し、昨今の引越しではしっかりした業者を選べば引越しに係るあらゆる項目を網羅した手続きリストの一覧表を渡してくれるのでおお助かりです。引っ越す人はそのリストの一覧表をチェックするだけで手続き作業の見落としがなくなります。